電話占いと対面の占いの違いは?

電話占いと一般的な対面の占い。どちらも占いなのは確かですが、その内容は全く違うものです。今回は電話占いと対面占いの大きな違いを確かめていきましょう。まず、電話占いは時間を選びません。対面の占いには当然ながら営業時間が存在します。これに対して電話占いは遅くまで利用できることも多く、サイトによっては24時間営業。今まで仕事の時間の都合から利用できなかった方も気軽に使うことができるわけです。営業時間はサイトごとに明記してあるはずなので、事前に確認しておきましょう。

次に、電話占いでは多くの占い師から先生を選択できます。対面占いでは、その場にいる先生に占ってもらうわけですが、電話占いは先生が複数人います。実際にサイトを見てもらうと分かりやすく、トップページなどに何人もの先生の写真が掲載されているのです。ユーザーはその中から好きな先生を選択することが可能。先生によって得意な占いなども変わってきますからね。自分に合わないと思えば他の先生に変えることも出来るわけです。

また、電話占いは誰でも利用可能。そもそも占いというのは少しマイナーなところがあり、田舎だと対面占いのお店を探すだけで一苦労です。地域によっては存在自体が無かったりも。しかし、電話占いは全国どこからでも利用可能。固定電話か携帯電話があれば大丈夫です。交通費を払って占いの館を都会まで探しに行く方法もあるにはありますが、それなりの出費を覚悟しなくてはなりません。電話占いであれば、その出費を次回の占い費用にまわせるでしょう。

もともとの占い料が対面式より安いことも多いです。これに加え、緊張感を抑えられるものグッド。対面式は相手の顔を見て占ってもらう内容を話すので、人によっては緊張してしまうことも。あがり症だと上手く伝えられないんですよね。もちろん、電話も緊張はしますが対面よりは緩和されるでしょう。単純に占いの館に入る時に顔を見られないなどの違いもあります。